Somewhere in the world

眠れない夜に書く日記

神保町おさんぽ

f:id:crybaby___aya:20190523213042j:image

天気もよかったので神保町おさんぽ。

ほんとは西荻窪に古本屋めぐりをしたかったけど、家から時間がかかりすぎるので断念。

 

f:id:crybaby___aya:20190523213212j:image

駅を降りてすぐの「すずらん通り」に古本屋さんがいっぱいある。

「映画のパンフレット100円」に惹かれて虔十書林(けんじゅうしょりん)に入る。パンフレットはほんとに昔のやつまであって、「恋におちたシェイクスピア」とか「クレイマークレイマー」とかあった。普段パンフレットを買わないし読み返すこともあんまりないので、こういうやつあるんだーとパラパラ見て買わないでおいた。あとは「2001年宇宙の旅」のポスターも売っていた。7000円。高い。

ここの書店は映画(学術的な)やコミック関係の本が充実してた感じ。

 

f:id:crybaby___aya:20190523213644j:image

f:id:crybaby___aya:20190523213657j:image

magnif。80年代のファッション雑誌に特化したお店という印象。かなり昔のELLEとかananも置いてあった。コレクター向けっぽく、けっこう価格は高め。

あと、アメリカンヴィンテージな広告ポスターも売っていて、見てておもしろかった。そしてデザインもおしゃれ。部屋に飾っていてもインテリアになりそう。

 

f:id:crybaby___aya:20190523221924j:image

写真の本はすべてBohemian’s Guildというお店で購入。ここ、なんにも調べないでふらっと入ったけど、美術が好きな人にはほんっっっとーにたまらなく興奮するほどアート系が充実した本屋だった。外に出てる棚の画集や本はけっこう安くて、たぶん写真の全部で2000円くらい。

一番上の画集はリール市立美術館のフランス19世紀絵画の図版、真ん中はハンガリー国立ブダペスト美術館のルネサンス期絵画の図版。いい買い物した。帰りものすごく重かったけど。

ママには遠藤周作キリスト教絵画を解説してる本を500円で購入。

 

今日行った古本屋だけでなく、神保町は本当に本屋がたくさんあるなと思ったのでまた行こう。そして今度はカレーも食べよう。

いつまでもこういう本屋は無くならないでほしいな。

 

ぷらぷらほっかいどう

f:id:crybaby___aya:20190518192212j:image

社員旅行で2泊3日の北海道に行ってきた。北海道は初めてなので楽しみで楽しみで仕方なかった。北海道といえばおいしいもの、TEAM NACSのイメージ。

 

1日目は移動と食事会などでブログに書いてもつまらないので割愛。

2日目は「ロープウェイ→くま牧場→洞爺湖」というコースでぐるぐる周った。

 

1日目に泊まった登別温泉からレンタカーで有珠山のロープウェイへ。ロープウェイも人生初めてだったので、テンションが上がって楽しかった。ゆっくり上がっていくロープウェイから見る景色は本当に"雄大"という言葉がぴったり当てはまりそうなほどだった。

 

 f:id:crybaby___aya:20190518194958j:image

 

有珠山ロープウェイからそんなに離れていないところにくま牧場がある。

くま牧場は名前の通りくましかいなくて、大人のくまからこぐままでいた。この日は日差しも出ていて、ほとんどのくまは日陰で写真のように寝ていた。

先輩が100円で買ったおやつを投げると、くまより先にカラスがバッ!と一斉におやつに向かうから怖い。カラスはいつも観光客がこうしておやつを投げることを知っているから待っているんだな。

 こぐまは大人のくまより元気で、寝るというよりもチョロチョロ動き回って木をかじったり、水浴びをしているところも見れた。

 

f:id:crybaby___aya:20190518193054j:image

 

洞爺湖ではスワンボートに乗る。

ここでも白いスワンボートだけでなく、エンジンで走るボートや2人しか乗れない黒い(!)スワンボートなどいろいろあったけど、わたしたちは4人で乗る気だったので漕ぐタイプの白いスワンボートを選択。

 

わたしたちしか他にお客さんがいないようで、ゆったり漕ぐことができて楽しかった。30分コースなのに時間の測り方もゆるくて、漕いでる途中にお兄さんから「今から30分でもいいよ〜」と言われたり。

1人の先輩はこういうボートが苦手なので待っててもらったんですが、その間のお兄さんとの会話から雨の日以外は出勤で10月は休業ということを知った。大変そう。

 

f:id:crybaby___aya:20190518193941j:image

 

おひる、洞爺湖の近くにある「めしどころ 松前屋」というところへ。

靴を脱いで座敷で食事。とりあえず北海道のものたくさん食べたいということで、5人でいろいろ頼んでシェアして食べた。

塩ラーメン、イクラ丼、ホタテ丼、バターと茹でたアスパラ、刺身を注文。どれもかなり美味しくて、特にホタテ丼は今まで食べたホタテのなかで一番おいしかった。塩ラーメンはあっさりめで、たぶん東京で出される塩ラーメンよりおいしい。写真からわかる通り、いくら丼は一粒一粒が宝石みたい。

 

車がないといけない場所だけど、カウンターには常連さんたちが座っていて、「ハイハイお待ちどうさま〜」って運んできてくれたおじいちゃんは常連さんだった(店員かと思った)。

長押のところに、おかみと旦那さんと思われる金婚式?の写真も額に入れて飾ってあったのもちょっとおもしろかった。

 

f:id:crybaby___aya:20190518194913j:image

 

ヤギもいる原っぱでジェラートを食べる。

原っぱの真ん中にヤギのゆきちゃんがいて、緑の屋根で赤い、しっかりと建てられたゆきちゃん用の小屋もあった。

動物はゆきちゃんだけでなくうさぎもたくさんいた。

 

f:id:crybaby___aya:20190518195702j:image

 

ヤギのゆきちゃんを撫でながら、広大な草原の景色を見て、東京に帰りたくないなあと思った。

コンクリートの建物ばかり見ているとなかなかこうして自然に触れる機会がなく、少しずつ心がすり減っていく感じがする。冬は寒そうだけど、北海道で食べたものはどれもおいしかったし、どこかのんびりしていて日常を忘れさせてくれる。

はぁ、月曜日出社するの嫌だな。

 

Diary : May 13

f:id:crybaby___aya:20190513222805j:image

 今日というか先週の土曜日の日記。

先輩、(去年の冬に中途入社で先輩は同期と言っているけど私にとっては先輩)と飲んだ。

 

ほとんど愚痴だったり恋愛の話だったけど、楽しくて楽しくて。

わたしが「一人でかっこよく飲める女になりたい!」と言っていたら、ここなら行きやすいよ〜と行きつけのお店を紹介してくれて、ほとんどそこで時間を過ごした。

お店の人たちは常連さんが多くて、みんな知り合いみたいな感じ。あと、いろんな職業の人が集まっていておもしろかった。フリーランスのデザイナーや新聞記者など…普段接点ないような職業の人たちがいた。

先輩が「なにか嫌なことあるとここにいく」って行っていたけどわかるような気がする。みんなあたたかく迎えてくれる感じが心地いいのかもしれない。

 

3軒はしごしてパヤパヤしてきた。もう3:00。

でも先輩も仕事でひっそりトイレで泣いたことあるよって言ってくれてほっとした。みんな泣くの隠して頑張ってるんだな。

夜に出会ったテンション高いおじさん、お姉さんたちは一晩明けるとまたふつうの生活に戻っていくのはおもしろいようで不思議。

 

Diary : May 1

f:id:crybaby___aya:20190501225525j:image

恋愛むずかしい。

恋人いるのに寂しい気持ちになるのなんなんだろね。何もかもだるくて恋人からの返信無視してる。

 

私は常に愛されてないと無理っぽい。

この関係に慣れてきたからといって愛の言葉かけなくなるとかいうのはいらない。

束縛で「愛されてる♡」と思う女じゃないので、最近愛されてる実感ないのに束縛されるのも意味わからない。

 

今こういう状況だけど、いつかこういう感情になるのはわかっていたし、付き合いたてで浮かれてるときの投稿を後悔する気もない。

ただTinderで適当にデート相手を探しているときとか、恋人とのデートしたての時が一番楽しかったなあと思うだけ。

 

峯田がライブで言っていた、「恋人がいるのに孤独な方がタチ悪いと思う」というものに少しずつ近づいてきている。

たぶん心の中に恋人でしか埋まらない穴みたいなのがどこかにあって、その恋人でさえ埋めてくれないならずっとそこは埋まらないまま。

オナニーしてイッた後もすごく寂しくて何でこんなことしてるんだろって泣きたくなる。

 

なんかもっと恋愛についてシンプルに考えられたらいいんだけど。

会いたいから会いにいく、好きだから好きって言う、みたいな感情に素直になれたらな。

 

 

浅草おさんぽ

f:id:crybaby___aya:20190428233905j:image

同期の子と浅草へ。

浅草、就活で東京に行ってた時はわざわざ浅草でドミトリーを探すほど好きな場所。なんかその時を思い出すと意味もなくまた泊まりたくなる。浅草のドミトリー はおしゃれな上に安い所が多い。あと、浅草でのデートも楽しかったなあと思い出す。

f:id:crybaby___aya:20190428234235j:image

GWだから今までに見たことないくらい人人人人。ほとんど外国人とか関西とか観光客が多いように感じた。

13:30くらいに集合したわたしたちは同期が調べてくれたもんじゃ屋さんへ。

今日行った「六文銭」というもんじゃ屋、いろんなテレビにとりあげられて有名っぽい。

入ろうとした時点ですごい並んでたけど、並んだだけあっておいしかったー。同期はカマンベールチーズのもんじゃ、わたしはホルもんじゃを注文。

 

f:id:crybaby___aya:20190428234822j:image

なんか、結局もんじゃ食べても腹は膨れない、ということでもんじゃを食べたあとは仲見世通りを通って揚げまんじゅうの「九重」へ。

ここも人気みたいでたくさん人並んでた。

味がいっぱいあるのがいい!中身がチョコ、カスタード、いちご、あんこ、ごま、抹茶、などなど…

わたしはチョコ、同期はカスタードを注文。揚げたてホヤホヤのまんじゅうで、外はカリカリしてておいしかった。

 

f:id:crybaby___aya:20190428235310j:image

 揚げまんじゅう食べても腹は膨れなくね?ということで今度は抹茶アイスが食べれる「寿々喜園」へ。

ここ、抹茶の濃さが7段階まで分かれていて、7はめちゃくちゃ濃い。同期が抹茶狂いなので7を注文して、少し味見させてもらったけど濃すぎてもはやお茶の粉末舐めてる感じ。

わたしがそんなにすごい抹茶好き!というわけではないからこの感想だけど、抹茶好きな人は7に挑戦してほしい。わたしは2にしたけど2は抹茶ビギナーでもイケるくらいの濃さで、ミルクと抹茶のバランスがちょうどよかった。

 

f:id:crybaby___aya:20190428235840j:image

食器がほしくて合羽橋まで行ったけど、日曜だからかほとんどの店がシャッター閉めてて悲しかった…

開いてたお店に適当に入ったんだけど、とにかく食器の多さに圧倒された。

「藤田商事」は和食器が多くて、しかもかなり安くてかわいい。魚乗せる用の皿と、炒め物とか入れられるような少し深い皿が欲しかったので購入。お店のおばあちゃんも優しかった。

 

f:id:crybaby___aya:20190429001120j:image

「とうしょう窯」では何も買わなかったけど、ここもすごくかわいかった。

カラフルなカップとソーサー、椿が描かれた皿など、「藤田商事」と比べるとこっちはモダンな和食器。特に椿の皿はかわいくて、これで料理出されたら嬉しいな。

合羽橋、ほんと食器好きにはたまらない場所。次お金たくさん持ってまた行こう。あと今度はカフェ開拓したい。

 

六文銭

HP:浅草もんじゃなら!お好み焼き・もんじゃ焼き・鉄板焼きの浅草六文銭

◇九重

HP:商品のご案内 | あげまんじゅう 浅草九重

 ◇寿々喜園

HP:浅草 壽々喜園 東京都茶卸売株式会社

◇藤田商事

HP:茶碗、茶器、陶磁器、器などの食器、業務用食器の販売|藤田商事株式会社

◇とうしょう窯

HP: とうしょう窯(個人用・業務用食器・ホテルレストラン食器販売)

Diary : April 27

f:id:crybaby___aya:20190427232254j:image

今日から10連休。

使い始めの時は、使いづらいし鉄のフライパンもう嫌!!と思っていたけどようやく慣れてきた。

とりあえずがっつり予熱した方いいっぽい。

実家にいたときは朝のパンもトースターで焼いていたけど、トースター買ってないのでフライパンで代用しているうち、パンはフライパン派になってきた。フライパンで焼くと表面はカリッとしているけど中フワフワになる。

あと色もいい。

 

今日tumblrで見た言葉が良かったので書いておく。

これはあなたの人生です。
自分が好きなことをやりなさい。
そして、たくさんやりなさい。
何か気に入らないことがあれば、それを変えなさい。
今の仕事が気に入らなければ、やめなさい。
時間が足りないのなら、テレビを見るのをやめなさい。
人生をかけて愛する人を探しているのなら、それもやめなさい。
その人は、あなたが自分の好きなことを始めたときにあらわれます。
考えすぎるのをやめなさい。人生はシンプルです。
すべての感情は美しい。食事を、ひと口ひと口を味わいなさい。
新しい事や人々との出会いに、心を、腕を、そしてハートを開きなさい。
私たちは、それぞれの違いで結びついているのです。
自分のまわりの人々に、何に情熱を傾けているかを聞きなさい。
そして、その人たちにあなた自身の夢も語りなさい。
たくさん旅をしなさい。
道に迷うことで、新しい自分を発見するでしょう。
ときにチャンスは一度だけしか訪れません。しっかりつかみなさい。
人生とは、あなたが出会う人々であり、その人たちとあなたが作り出すもの。
だから、待っていないで何か作ることをはじめなさい。
人生は短い。
情熱を身にまとい、自分の夢を生きよう。

「これはあなたの人生だ」HOLSTEE社マニフェストのポストカードをプレゼントします|アットカフェ

 

NYの小さいベンチャーマニフェストだそうで、良い。

自分が今もそうだけど、けっこう毎日毎日何かに追われるように生きるともう歳をとるだけで、やりたいこと全部やれるのかって考えたら微妙なんだよね。時間が足りなすぎて。

「毎日に感謝!」とかじゃないけど、もっといろんなことに興味もって、フットワークを軽くすることは大事だなと思う。

関係ないけどtumblrすき。たまにツイッター見てると怒り疲れるっていうかイライラするときもあるけど、tumblrはそういう時の逃げ場所というか、好きな文章と画像だけ摂取する、みたいで良い。

Diary : April 26

f:id:crybaby___aya:20190426222313j:image

今日は特にダメダメすぎて、自分のダメさに嫌になって終礼のとき泣きそうになっていた。

4月に入ってから金曜日は本当に泣きそうになる。

 

でも考えたんだけどもう1ヶ月経つし、これまで無欠勤で会社にきただけでもえらくね???

退勤後、ずっと教えてくれているチューターの先輩と、同期、同期のチューターの先輩と飲みに行った。先輩たちが「1ヶ月お疲れ様会」を開いてくれた。うれしい。最初誘われるとき呼び出されて、怒られるのかと思ったけど。

 

先輩たちは「もう1ヶ月って本当に早いね。でも着実に階段上がっていっているのはわかるよ。絶対伸びると思う」っていってくれて、また泣きそうに。

伸びると信じてくれている先輩がいるなら頑張ろうと思うし、今日いろいろ話して「営業」の奥深さに改めて気づかされた。

「これから絶対1回は壁にぶち当たると思うよ」って言われたけど壁にぶち当たりたくない。なぜならまだ壁にぶち当たっても大丈夫なメンタル備えてないから(笑)

 

あと、4月に社内の人と出会って「世の中にはこんなにいい男性がいるんだ」という良い意味でのショックも感じた。

これまで、就活の時やバイトの時などすごく嫌な大人の男性としか接していなかったから、こんなに自分のことについて真剣に考えてくれる人いるんだ!という驚き。

 

ほろ酔い気分で渋谷の「改良湯」へ。

f:id:crybaby___aya:20190426223414j:image

ここにほんとにあるの?というくらい暗くて狭い道を通ったら見えた。おしゃれで、金曜だからかお兄ちゃんたちやおばあさんなど、けっこう人いた。

炭酸湯と普通の湯があって、炭酸湯は普通の湯より温度低くて気持ちよかった。

次新宿のテルマー湯行きたいんだけど高えと思いつつ行けてないんだよね。

22時を過ぎた帰り道、歌いながら自転車を漕ぐサラリーマン、携帯で自撮りを始めるサラリーマン2人、みんな連休前だから当たり前に浮かれるよね。

 

なんだか今日の日記長くなったな。

社会人ってこんな感じなんだ、とフワッとした気持ちのまま1ヶ月経った。

でもまだまだもっと適当にゆるく頑張らなきゃいけない。

とりあえず連休は積ん読を消化して、エンドゲーム観に行って、帰省したい。