Somewhere in the world

感じたこと、みたもの、聴いたものをつらつらと書いていくブログ

Diary : June 11

f:id:crybaby___aya:20180611202946j:image

台風が近づいているというのにDVDを返して何か借りるためにわざわざ外に出て疲れた…

 

どうやって観る映画を探すのかという話ですが、わたしの場合大抵FilmarksやTwitterでフォロワーの方がレビューしたものでおもしろそうな映画や過去に観ておもしろかった映画の監督の作品を借りたりしてます。

好きな監督はエミール・クリストリッツァ、ハル・ハートリー、アニエス・ヴァルダ、ジャック・ドゥミグザヴィエ・ドランエリック・ロメールイングマール・ベルイマンタルコフスキーウェス・アンダーソン…好きっていってる割にひとりひとりの監督の作品全部観てないけど一つ観ると「あ、好き…」ってなる監督たち。

 

映画観る時の部屋づくりは、まず絶対お部屋を暗くして何か食べ物を用意してソファーに寝っ転がります。そして携帯を機内モードにする。

これでもう完全にその作品の世界に入れる。最近映画を観る意味を考えていたんだけど、やっぱり2時間現実と別の世界に飛べることだと思う。わたしは映像美に富んだ映画が好きなのですが、タルコフスキーとかベルイマンみたいに圧倒的な映像表現でねじ伏せるような映画を観ると何十年も前に撮られた映画なのに今心動かされる美しさに触れられて嬉しく思いますね。

 

大学でジェンダーやイギリス文学を教えていて、好きな先生が「大学生のうちにたくさん映画を観なさい」って言っていたんだけど、本当に時間ある大学生のうちにたくさん観ておきたい。夜寝る前に映画観ると必ず寝落ちする人なので働いた後とか観れる気しないし。

 

*最近ヨーロッパの古い映画にハマって観てるので、なにかおもしろい映画あったら教えてください