Somewhere in the world

感じたこと、みたもの、聴いたものをつらつらと書いていくブログ

2月よかった映画まとめ

2月観てて良かった映画ぼちぼちまとめようかと思います。順番は特に関係ないです

 

1 スリービルボード(2017)

f:id:crybaby___aya:20180225232433j:image

娘がレイプされた後殺され、なかなか捜査が進展しないことに苛立つ母はミズーリ州の車がほとんど通らない道に看板を出す。

 

脚本のクオリティーが高いし、主演のMcdormandの鬼気迫る演技もすごい。きっかけで悪人は善人にもなり得ること、とにかく展開の読めなさ。終わり方がとても好き。この映画観た後はみんなオレンジジュース見ただけで泣けてくるよ

 

2 A Ghost Story (2017)

f:id:crybaby___aya:20180225233114j:image

恋人を残して死んだミュージシャンのCは、恋人を見守るために家の中を徘徊するが…

 

おばけが、「ゴースト」みたいに「え?なにこれ?」みたいな感じじゃなくて子どもが落書きで書くようなおばけをそのまま具現化したようなものでおもしろい。

表情はよく見えなくても誰もいない世界を這う様子はとても哀しくて胸を打たれる。たとえ自分が居なくなっても変わらず世界は回っていくということは事実だけど、孤独。個人的にマイベスト入り

 

3 マザー!(2017)

f:id:crybaby___aya:20180225233820j:image

新婚ホヤホヤの夫婦の家に1人の男性が訪れる。その後も男性の妻と名乗る女性や、息子などなどが続々とやってきて帰ろうとしない…

 

あらすじだけ見ると怖くなさそうなんですが映像で見たらめちゃくちゃ怖い。

世にも奇妙な物語」のようなストーリーをもっとカオスにした感じで、とにかく不快。不快だけどこのカオスっぷりをみんなにも見てもらいたいのに日本公開中止はとても残念。

タンクトップのジェニファーローレンスはエロい…

 

4 Maudie (2016)

f:id:crybaby___aya:20180225234329j:image

リウマチを患っているモードは、ある日エベレットが出したハウスキーパー募集の紙を見つけ働くことになる

 

2016年に公開になっているっぽいんですが日本は今年の3月に「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」として公開されるみたいですね。すごく良かったので多くの人に見てほしいです。

モードが描く絵がとにかく生き生きとしていて、色鮮やかで可愛い…そして、あまり人とうまく話せないモードは絵を通してエベレットと心を通わせていきます。エベレットを演じているイーサン・ホークもいい感じに枯れていて素敵…

 

5 友だちの恋人(1987)

f:id:crybaby___aya:20180225235304j:image

市の職員のブランシュと、ファビアンという恋人がいる大学生のレアは意気投合しプールに出かける。ブランシュはプールで出会ったレアの友人アレクサンドルを好きになるが、ファビアンとうまくいかないレアはブランシュとファビアンをくっつけようとする

 

人生の映画マイベスト入り。

テンポの良い会話で織り成される喜劇で、観終わったあと幸せな気分になれる。"友人の恋人を好きになる"って、ちょっと間違えたらドロドロに描かれそうな題材なのに軽いタッチに仕上げてるのはロメールの魔法だと思う。

 

6  ノスタルジア(1983)

f:id:crybaby___aya:20180225235936j:image

詩人のアンドレイはロシア出身の自殺した音楽家の伝記を書くためにイタリアに旅に出た

 

正直意味がわからないし、意味を求めるのも野暮な気がする。それでもモノクロの映像はため息が出るほど美しいので必見。

アンドレイは途中出会う狂人に「蝋燭の火を灯したまま温泉の端を渡り切ると世界を救える」と教えられる。余命わずかのアンドレイは蝋燭を灯したまま歩き続けるのですが、この歩いてるだけっていうラストシーンでも心に残り続ける。

 

7 月曜日のユカ(1964)

f:id:crybaby___aya:20180226000541j:image

ユカは外国人の多い横浜のクラブで働く人気ホステス。ユカには"パパ"と呼ぶパトロンと大学生の恋人がいるが…

 

若い頃の加賀まりこがものすごくかわいい。

男の人を振り回しても許してもらえそうな小悪魔的な魅力と、守ってあげたくなるような魅力をどっちも持っていて良い。それでも、"愛を与えることが寝ること"と思っているユカは一方的にパパに愛を与え続けて幸せと感じているのはすごく切ない。すぐそばにユカを大切にしてくれそうな人がいるのに。

映像もヌーヴェルヴァーグみたいな感じで古さを感じさせない手法。

 

8 パターソン(2017)

f:id:crybaby___aya:20180226001136p:image

 たまに詩を書くバスの運転手のパターソンは朝目覚めたら妻にキスをし、仕事場に向かい、夜は犬の散歩がてらにバーに寄る毎日を送る

すごく良かった。別に爆発が起こったり殺人事件が起こったりド派手なことが起きるわけでもないけど大切にしておきたい作品。

とにかくアダム・ドライバー。アダム・ドライバーみたいな旦那が欲しい。奥さんがエキセントリックな世界観で家の中覆っても見守っているし、奥さんもまたパターソンが携帯を持たないことをとやかく言わない関係も良い。ワンコのマーヴィンの演技力は拍手👏

今日も明日も続くけど、なんとなく世界の見え方がいつもと違って見えるようになる。