Somewhere in the world

感じたこと、みたもの、聴いたものをつらつらと書いていくブログ

Tinderを2年間やってたら恋人ができた話

f:id:crybaby___aya:20180107201601j:image

タイトルの通り、tinderを2年間やってたら恋人ができました。

毎日やってた、というよりもアプリ消したりまたインストールしたりを繰り返したりね。マジで長かった。

 

tinderを知らない人のために。

マッチングアプリで、写真がババーっとでてきて写真とプロフィールが好みだったら右にスワイプ(LIKE)します。その人も自分のことをLIKEしてくれて初めてアプリ内で会話ができる、という感じです。

 

tinderをずっとやっていた理由として、ただ"暇だったから"なんですよね…

大学生って暇だし、セックスもしたいのにアプリで恋人つくろうとは思っていませんでした。ただ、大学で彼氏探すのもだるいし何かの縁でできたらいいな〜みたいなことをぼんやり考え続けてやっていました。

もちろんこれだけやっていてお会いしたことがある人もいます。ご飯食べてノーランとかの映画の話してサヨナラ〜の人とか。

 

わりとマジで恋人がほしくなってきた自分の気持ちに対してマッチした人からくるメッセージは「エッチしよう^^」「かわいいね^^」「Let's fuck」みたいなものばかりで、もうTinderやめようかと思ってた矢先に恋人になる人からのメッセージ。普通のあいさつだったのであいさつだけ返してあとはもうほとんどアプリ自体開いていなかったんですが、彼からはしつこいくらいメッセージがきたんですよね。ぽちぽち返信していたら同じ映画が好きだったり気が合って、LINEも交換して毎日「おはよう」「おやすみ」って返し続け、気づいたら1年が経っていました。

 

彼が「12月に東京に行くよ」と送ってきたので、これを逃したらもう会えないかもしれないと思ってわたしも東京に行きました。

そのときにはもうテレビ通話もたまにしていたりメッセージがくるのが待ち遠しかったり、完全に好き状態だったので。

会った瞬間どきどきしたしすごく長いハグもしてくれて照れたけどたぶん生きてて最高の瞬間でした。イブに渋谷のプラネタリウムに一緒に行って、「たとえtinderといえどもこの広い宇宙の中で出会えたのはほぼ奇跡だな…」と一人で考えてたらエモくなったね。

そのあとHUBでお酒を飲みながらしゃべってたら彼が「大好きだから、友達以上の関係になりたいんだけどどう思う?」って言い出して、そんなこと言われると思わなかったからもう泣いた。そのあと「泣かないで〜(笑)」って涙を拭いてくれたけど。

 

いっしょに過ごした1週間はすごく楽しくて、今でもこんなに素晴らしくてかっこいい人がわたしの恋人だなんて信じられないし、寝る前にいっしょにNetflixで「アメリカンホラーストーリー」を観てた時間が恋しい…

 

やっぱりネットでの出会いって友達に言うのなんとなく気が引けるじゃないですか。

でも21世紀だしネットでの出会いがあっても当たり前じゃん幸せだったら始まりはなんでもいいんだよ!って思って言ったら、意外にもわたしの友達は「おお!いいな〜」みたいな好反応でよかった。「実はわたしの彼氏もTwitterで(笑)」って言い出す友達もいたからやっぱりそれだけ言いづらいものなのかな。

これ、Tinderやってて初めて「tinderありがとう」と思える出会いだったな。今tinderを惰性でやり続けている女の子もいい人に出会えるといいなって祈ってる。tinderありがとう…

(※tinderのまわし者ではありません)